子供の成績を上げたいなら、成長することを受け入れる環境を作ってください。
素晴らしい指導者にお願いしても、学ぶための環境ができていないと、思うように成績は伸びません。

 

人の成長に必要なのは、新しい知識を受け入れる準備です。
分からないことを素直に質問できる子供は、成績が伸びやすいと言われています。

 

自分が知らないことを人に質問する。
これができるかで、その後の成績が大きく変わるでしょう。
理解できていない部分を本人が分かっていても、それを質問できないこともあります。
分かりませんと言葉に出せるかで、子供の将来が決まるでしょう。

 

親が子供の質問に答えない家庭や、分からないことや知らないことで笑われた子供ほど、人に質問することが難しくなります。
成績が良くなくても、分からないことを素直に質問できれば、驚異的な早さで成長していくでしょう。

 

分からないことがあるのは恥ずかしいことではないと、親が子供に教える必要があります。
大人である親でも、失敗することがあると分かると、子供も失敗を恐れなくなるでしょう。

 

勉強とは、失敗を繰り返すことです。
失敗は恥ずかしいことだと思う子供ほど、成長が困難になります。

 

親の普段の言動が、子供の成績を左右するといっても過言ではないでしょう。
クイズ番組などで間違った人を貶していると、子供の成績アップは遠ざかります。

 

分からないことを質問するのは、正常なことだと親が示してください。
そして、成長する素晴らしさを教え、子供が新しい知識を受け入れる準備ができるようにしましょう。
人は、いくつになっても成長できます。
それは、親も同じことです。

成績を上げる為には教える側が大事

子供の成績を上げたい親は沢山いると思います。
しかしなかなか成績が上がらないとしても子供を怒るのはよくありません。
子供の成績が上がらないのは少なからず大人の責任でもあります。

 

それは親の責任だったり教師の責任、塾の責任と沢山の大人が関わっています。
それなのになんでお前はこんなに成績が悪いんだと怒ってしまう大人は悪い大人です。

 

成績が悪いのは教え方が下手な大人が沢山いるからです。
少し前に流行ったビリギャルという映画があります。
成績の悪かった女の子が勉強して有名大学に入ったという話ですが、これも教え方が上手い大人に出会ったからです。
どんなに成績が悪い子供でも教え方の上手な大人に出会えれば必ず成績というのは上がります。

 

教え方の上手な大人というのは教える側の理解力に合わせられる人間です。
例えば算数を理解していないのに因数分解を教えても意味がありません。
相手の理解力に合わせて教える事ができるというのは、分かりやすい道に誘導する事が出来ます。

 

「なんでこんな問題も解けないんだ」という言葉は大人のエゴです。
教えたのに子供が解けなかったのであれば、教えた側の方法が間違っていたと常に考えるべきです。
そしてすぐに気持ちを切り返して、子供に合う方法を提案するべきです。

 

プレッシャーを与えるのはよくありません。
そんな事をしてしまえば本来できるものも出来なくなってしまう恐れがあるからです。
常に子供の立場になって物事を考える事が大切だと思います。