子供の成績が上がらないのはどうしてでしょうか。しっかりと集中して勉強をすれば、誰でも成績は上がってきます。

成績が伸び悩むというのは勉強をする環境が整っていないことが大きな原因となっていることが多いのです。

 

子供の成績を上げるための子供が勉強をできる環境について親が考えなければならないことがあります。

1.環境

一つ目は子供の効率的に勉強ができるように親が環境を整えてあげることです。勉強と遊びをどのように調整すればいいのかを子供と共に考えましょう。

2.姿勢

二つ目は親も子供と一緒に勉強することを実践してみましょう。子供と同じ勉強をするのではなく、英語を勉強するなどで買わないので、親も子供と同じように努力をしている姿を見せるのです。

3.前向き

三つ目は子供に勉強についてはポジティブな言動を心がけましょう。最近の子供はポジティブな言動が効果的である場合が多いのです。ネガティブな言動は子供のやる気や行動を阻害してしまうことがあります。

4.楽しく

四つ目は楽しく勉強できるツールを駆使しましょう。パソコンやタブレットで勉強のアプリを使うなどデジタルグッズがかなり便利になってきています。今の時代にこれらのツールを使わない手はありません。

5.把握

最後に親も子供の成績や勉強法についてしっかりと知っておきましょう。それを知ることによって子供に対する接し方や勉強法などを工夫することができます。

子供の成績が上がらないのは親にも責任の一端があることを意識することです。

子供の成績を上げたいと思っているだけではダメ、行動を

子供が勉強が嫌いで、やる気を見せなくて、元気であればいいと思うけど、やっぱりもっと勉強して、成績も上がってほしいと思う親は多いですよね。

塾へ通わせたり、家庭教師をつけたりして、他人に任せてしまうことも一つの方法ですが、子供のやる気を出させるには、親の関わり方で大きく変わってきます。

 

まず、親はいつも前向きな考え方や、会話を心がけましょう。

親がいつも「仕事がうまくいかない」「お料理面倒くさいわ」などといった愚痴をこぼしていたらそれを聞いている子供はどう思うでしょう。

子供も「どうせ勉強したってできない、しんどい」といった考えになると思いませんか。

 

次に、普段の生活の中で、親ももう一度、子供と一緒に勉強するつもりで接してみましょう。

例えば、小学生の子供なら、外で虫をつかまえたり、草花をつんできたりします。

帰宅したら、一緒に図鑑を広げて名前や特徴を調べます。

その時、蛍光ペンでラインを引かせたり、ページに付箋を貼らせます。

 

また、メモを書かせてみましょう。

一日のスケジュールや、旅行のスケジュールなど。

子供が欲しいと言うものは、まずノートに書き出させます。

 

その中から、本当に必要なもの、どれが一番必要なものか優先順位を考えさせます。

自分で計画して、頭の中だけでなく、書いて考える方法を身に着けさせます。

 

そして、さらに大切なことは、必ず褒めることです。

宿題を早く終わらせた、何も言わなくても勉強した、テストの点数が良かった、自分から計画を立てて行動したことなどに対してです。

 

子供は生まれたときから、親が笑顔でいてくれることが嬉しいに決まっています。

それは大きくなってからも同じです。

 

親が眉間にシワを寄せてため息をついていては、子供のやる気は出ず、成績も上がりません。

親が笑顔で、活き活きとしている姿を見せれば子供も将来への夢や希望を持って、勉強に励むことができると思います。